2008年5月15日 (木)

那須 山楽:パート3

さてさて・・温泉に入ってお腹もペコペコになったので
もう一つお楽しみなお食事です。夕食は、
旬の素材をふんだんに使った懐石料理をお部屋で食です。
私達は6:30からお願いしたのですが全品終了したのは8:30頃 約2時間かけて 味と目と時の贅沢を味わいました。 

【 夕 食 】
P4180520 P4180522 P4180523
P4180525 P4180527
器も季節毎にかえているそうで・・ふきのとうをあしらった御椀
P4180529 P4180531
お刺身♪ 奥にあるマグロは赤身→中トロ→大トロと重なってました
P4180532_2 P4180533 P4180537
先月宿泊したので春らしく桜のイメージのお食事。
P4180538 P4180539
お料理も器も 目と味とも 楽しんで 感動させて頂きました
P4180544 P4180545 P4180543 


又朝食は3種類から選びます
○魚しゃぶ 
○石焼(鶏肉・白身魚・野菜) 
○豆腐蒸し物
ちなみに 父母は石焼 私はお豆腐の蒸し物を選びました。
【 朝 食 】
P4190599_2
P4190601 P4190602 P4190594
お豆腐の蒸し物/湯葉の茶碗蒸し/両親注文の石焼

|

2008年5月11日 (日)

那須 山楽 パート1

両親と那須にある山楽へどーんっと太っ腹で行って来ました。 
って言うか・・本当は母親と女2人旅だった筈なんですが
宿泊しようとした日に限って 突如父親参加になってしまい
父親の面倒見る旅に変わってしまいました。_| ̄|○ ガックリ  

P4190639_2山楽は老舗の高級旅館で
昭和天皇が皇太子時代に来館された折、その美しい見晴らしに御用邸の場所を那須に決めるきっかけとなったというお宿だそうです。   






P4190635_2 P4190636_2


お宿は純和風で落ち着きと静寂があり
窓から眺める庭も心静かにさせてくれます。
当日はあいにくの雨模様でしたが 
より一層、落ち着いた風情が感じられ良かったです。
P4180494

それでは・・山楽の旅といきましょう♪ 

|

2008年4月15日 (火)

鳴子温泉 鳴子ホテル:パート4

お風呂以外編です。(お部屋&食事等々編) 

【 お 部 屋 ♪ 】
鳴子ホテルの宿泊棟は青葉館と紅葉館に分かれていて ホテルのHPで予約した私達は青葉館11Fに宿泊。
P2180337_2 P2180338_2 P2170240_3
館内案内 /部屋の扉/お部屋(広くてきれいで 2人には充分すぎました)

P2180321 P2180340
部屋の窓から眺める雪景色や鳴子の温泉街は綺麗デス♪ 東京に住んでいる叔母は写真撮りまくりでした(^^) 雪がとても嬉しかったらしい(^_^)

【 食 事 ♪ 夕食】
さて・・もう1つのお楽しみのお料理ですが
バイキングを選択したので 夕・朝とも食事はバイキング。
オープンキッチンなので 天ぷら・お寿司など目の前で調理していて 見てるのも楽しかったです。
P2180328 P2180327
食事会場の前にある休憩場/夕朝食とも同じ場所です

P2170275 P2170279
帆立のパイ包み焼き / 鮎の姿焼きなど
P2170280 P2170281
お刺身と海鮮丼 / 中華有り 和食有り どれにしようか目移りしちゃいます!

また、アルコールは別料金ですが ジュース(オレンジ・グレープフルーツ・コーヒー・紅茶)は飲み放題。
デザートも豊富だし 食べ物は常に補充やきれいに並べてくれていて 見た目も崩れている事がなく感心しました。 
P2170283 P2170284
ジュースも飲み放題はとっても嬉しい♪
P2170282 P2170285
ケーキは小さめにカットせれているので いろんなケーキ食できました♪
どれも美味しかったのですが鬼嫁が食した中で特に気に入ったのは帆立のパイ包み焼きと納豆のピザです。 


【 食 事 ♪ 朝食】
朝食はお雑煮やあんころもちなどあって 母親達は大喜び。 
私の周りだけなのか 年配者はおもちが好きなんですよね~。 
P2180325 P2180326
P2180323 P2180324
お雑煮 このほかにあんころ餅などあります はぁ~満腹。幸せ♡
ちなみに私はトーストにスクランブルエッグをのせてオープンサンドで食するのが好き。って言うか・・一度に味わいだけな 面倒くさがりな鬼嫁ざんす。

〒989-6823   
宮城県大崎市鳴子温泉字湯元36
TEL:0229-83-2001 FAX:0229-82-2046  
受付:12:00~15:00 料金:\1050
HP:http://www.narukohotel.co.jp/reserve.html


ちなみに 今回宿泊:鳴子ホテルHPにて予約。
温泉バイキング宿泊プラン利用 
日曜宿泊 1泊2食 1人\11,500でした。

|

2008年3月30日 (日)

東鳴子 旅館大沼:番外編

お風呂以外編です。(お部屋&食事等々編) 

【 お 部 屋♪ 】
私達が案内されたお部屋は階段を上がった「すみれ」の部屋で トイレ・お風呂無しですが 入口・内装共、手が込んでいて 落ち着ける素敵なお部屋でした。
P2160128   P2160086_4
P2160087_4  P2170157_2   
ちなみに母・叔母は隣の部屋。
年寄りなのでトイレの前で良かったです(^^) 
Dsc06096 Dsc06095
部屋の窓から見える風景。つららがすごい!!
 
【 お 食 事♪ 】
夕食は部屋食らしいのですが 
今回、2部屋で予約した際「食事は一緒に」っとお願いしてあったので 広い大広間に4人での食事です。何とも贅沢な空間でした~。 
P2160125_2 
手作りのお料理はいろいろ創作されています!
茶碗蒸しの中に胡麻豆腐が入っていたり
大根の上に豚の角煮がのっている炊き合わせ等
とても工夫されていて美味しかったです。
P2170139_2 P2170140
こちらは朝食。
左上にあるお浸し美味しかったな~そうそう、この飲むヨーグルト 美味しいぃー!! 

【 館 内♪ 】
P2160096 P2160097
P2160137又浴槽や館内には仏画家:高橋典子さんが描かれた天女があり ちょっとした美術館の様。

その絵の中で私が良いな~っと思ったのが左の絵です一目見た瞬間温かみがある絵で気に入ってしまいました(^^)
これは女性の脱衣所にありますが 行かれる方は自分のお気に入りを見つけるのも楽しみの1つかも(^^) 



P2160136_2
貸切露天風呂の旅館大沼
〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34 
TEL:0229-83-3052 FAX:0229-83-3927
営業時間:11:00~14:00 
立ち寄り湯:料金:500円 
HP:http://www.ohnuma.co.jp/index.html

ちなみに 今回宿泊:じゃらんnetにて予約。
木造和室Bタイプ利用 1泊2食 1人\11,700でした。

またおいで~って天女さんが手を振ってくれてるかの様な感じがするのでまた行かなきゃ(^^)

|

2008年3月 5日 (水)

鳴子へ行って来ました

2月に2泊3日で鳴子温泉に行ってまいりました~(^^)
当日は鳴子地方は一面
雪・雪・雪で 温泉にはもってこいの雪景色。

P2170212
昨年の5月に行った時と景色も温泉も 違う面が見れて 大黒柱共々鳴子がもっと大好きになりました。 
又、出会った方々(旅館の方や温泉で話した方)が良い人ばかりで体ばかりではなく心も とても あたたまりました(^^)v   

今回の鳴子温泉では旅館 大沼と鳴子ホテルに宿泊。 
そして・・行ってみたかった 
丸進別館・馬場温泉・高友旅館に行ける事が出来ました。
では、少しずつ鳴子の旅をUPです
(昨年から行った温泉もまだまだ溜め込んでおりますが・・)

|

2007年12月25日 (火)

万座へ向かう

2007/11/3(土)
硫黄泉をじっくり楽しみたいが為に 1日ずらして万座温泉に向かいました。 
湯田中から万座へ向かう志賀高原ルートの途中にある、熊の湯温泉に寄りたい気持ちだけれど 時間の都合上 今回は諦め(/_;) 万座へ一直線。 

Imgp0541
素晴しい見晴らし! 自然の一部になった感じ(写真が下手ですんません)

まずは 万座の名物「空吹き」にあるバスターミナルの観光案内所で湯めぐり手形(700円)をGet! 
Imgp0549
この看板の裏に見えるが観光案内所です!

この手形で1年間(1/1~12/31)
加入ホテル500円で利用出来ます。今回のみ使用でも
例えば・・入浴料\1000の施設を2軒はしごすれば 300円お得なのです! 

もちろん 我家は2軒は確実に入る予定だったので 手形はとっても お・と・く♪なんですね~(^^)v 

では、早速温泉へLet's Go~!!

万座温泉観光協会
HP:
http://www.manzaonsen.gr.jp/

|

2007年12月 7日 (金)

戸隠 奥社

せっかく 戸隠に来たのだから 神様に参拝しなきゃっと奥社へ(やっぱり順番にしなきゃね(^^) 

簡単な気持ちで奥社へ参拝に行かれる方に ご注意!
参道から奥社までの道のりは かなりありますので(約1.9Km)
ご覚悟を(^^) 車は入れないので自分の足のみで参拝です。 

ツアーなどで時間が無い方や 足の悪い方は
もしかすると参拝は無理かもしれませんね。
(後半は、石段があったりして道が良くないので大変です) 

Imgp0519 Imgp0518_2
奥社への入口 ここからは 自分の足で一直線に続く道を歩きます

Imgp0512
中心に米粒の様に写ってますが 参拝に向かう人です

言いだしっぺの鬼嫁も簡単に考えており
すぐに行って帰って来られるものだと思いこんでいたのですが
行きは永遠に続く道の様でした。(とにかく まっすぐなので余計に長く感じるんです) 
大黒柱は「前を見て歩くと気が遠くなる」っと言って下や景色を見ながらブツブツ言いながらついて来る状態(^_^;) 
「ガタガタ言わんでついて来ーい!!」
っと言いながら内心、後悔する鬼嫁だったり( ̄▽ ̄)

Imgp0513 Imgp0510
中間地点の神門 / まだまだ奥に進む参道

でも・・ 不思議な事に、美しい杉並木の中を歩いていると 
何かに見守られている様な とても気持ちが良く
心がす~っと洗われる様な思いがする場所でした。

Imgp0511
ようやく奥社に到着!
人生の様な参道を歩き 神様にお参りできました(^^)


とても神秘的な奥社。
行ってみて本当に良かったっと思います。  
機会があったら ぜひ行ってみると良いですyo(^_^)

戸隠観光協会
HP:
http://togakushi-21.jp/

|

2007年11月24日 (土)

吹割の滝

2007.11.1

鬼嫁希望の「宝川温泉」に行く前に
沼田まで来たのだから観光しなきゃっ! って事で 
道の駅から車で30分程の所にある 『吹き割りの滝』へ♪ 

停めた駐車場から歩いて5~10分ぐらいで到着♪
Imgp0404
おぉぉー吹割の滝が見えてきましたぞ!!

朝早かったので駐車場料金\0 ←貧乏旅行にもってこい♪
清々しい空気と 素晴らしい景色独占じゃー。
Imgp0408 Imgp0409
↑写真だとたいして大きく感じないけれど
            173cmの大黒柱が↑こんなもんに写ります

初めて見る吹き割りの滝と
眼下に広がる紅葉がとても綺麗でした(^^)
自然って素晴らしいっす!
Imgp0415

|

2007年11月22日 (木)

貧乏旅行

しっかし・・一気に寒くなりましたね~。
ちょっと夏を懐かしく思うこの頃です。


それでは 明日から
今回の貧乏旅行で行った記録を頑張ってUPしていきます♪  

群馬県:水上 「宝川温泉」 
長野県:野沢温泉 
長野県:湯田中温泉 
新潟県:能生 
長野県:戸隠 
群馬県:万座温泉 
群馬県:草津温泉 
群馬県:尻焼温泉です♪ 

| | コメント (0)

2007年5月21日 (月)

角館

4/29(日) 旅行2日目♪

一度 行ってみたかった角館に 桜の季節に 向かう事が出来ました♪
ちょうど満開になる頃だったので 桜の季節では1番良い時でした(^^)
   Dscf1517_1 
 
角館は カレンダーに桜の季節で載る程 有名だし GWの日曜日とくれば かなりの混雑と覚悟はしていたけれど・・・ 混み過ぎ(T_T)
あと少しで角館ってところで 大渋滞で 車が身動き出来ない状態。
国道46号線上にあるので 私達観光目的以外の人は 本当に困る状態だと思う。
 
それでも1時間以上かけて ようやく角館の武家屋敷近くまで来たけれど そこから駐車場を探してる内に どんどん離れてしまって また来た道へ戻るのに渋滞の最後尾に・・(T_T) 結局4,5キロの距離を3時間以上かけて到着です(/_;) 

途中引き返す車が多い事! 多い事! その気持ち分かるなぁ~(^_^;)  正直 うんざりだったけれど・・折角こんな遠くまで来たのだから我慢。我慢。 こんな時はイライラしてケンカになりやすいけれど 旅行も始まったばかりだし・・そこを何とかグッと耐え忍んで どうにか乗り越えました(^^)v 大黒柱も鬼嫁も頑張った!!!

  Dscf1494
どうにかこうにか 角館に着いたら まず最初に出迎えてくれた桜は武家屋敷通りの枝垂桜です! 国の天然記念物に指定され、名勝100選にも選ばれているですって! 貫禄もありました。

Dscf0740_1 Dscf0729_1  
武家屋敷通りの角館町指定文化財 石黒家 
Dscf1497 Dscf1499
客間の欄間に亀の透かし彫りがあり 木目は亀が動く水面だそうです。
昔 ろうそくを灯す明りを利用して隣部屋の壁に亀の影絵が写る仕掛け。
何と手の込んだ。粋な計らいですね!! 我が家にも欲し~い(≧▽≦)

武家屋敷通りは、道の幅も、曲がり角も江戸時代そのままだそうで 私達が歩いている この道を お武家さんとか 商人の人が歩いていたんだなぁ~って想像して歩いてました。

Dscf1509_1 
お昼は 武家屋敷通りにある古泉洞(こせんどう)さんで 軽めに稲庭うどん(\1000)を食。

注文をとってからの 料理なので時間が かなりかかります。ツアーで来られて時間ギリギリの方は避けた方が無難かも。


元は寺小屋だったというお店は、周りの雰囲気に合った古い木造のお店です。ただし従業員の方は若くて秋田美人さんばかりです!

Dscf0744_2 Dscf1508_1


武家屋敷通りを散策して いよいよ カレンダーでもお馴染みの 武家桧木内川堤の染井吉野の桜のトンネル(約2キロの桜並木)に行ってみました(^^)
  Dscf1510_1 
撮り方が下手なんで 美しさが伝わらないと思うけれど
本当に 見事です!!!! 日本人で良かった♡

Dscf0754
桜も良いけど 桧木内川土手にある屋台にも興味津々(^^) 大黒柱は こっちのが楽しかった様なご様子でした(^^)

それでは・・今夜の御宿に
向かうとするかっv(*'-^*)-☆ ok!!

| | コメント (6)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

旅行 温泉 独り言 相棒